スポンサーリンク

宮古島で島民愛用の「ギョサン」と「島ぞうり」を買ってみた

丈夫なサンダル「ギョサン」
アレンジ無限大のビーチサンダル「島ぞうり」

 

「ギョサン」は丈夫なビーチサンダルで島民や海好きの愛用者が多いロングセラーなサンダルです。「島ぞうり」は一見なんてことない普通のビーチサンダルなのですが、サンダルに一手間加えると自分だけのオリジナルサンダルに変身するのでこれも人気なビーチサンダルなんです。そしてギョサンも島ぞうりも耐久性があるので一足買うとかなり長持ちするのでデザインが変わることなく長年愛されています。私も宮古島で買ってみたので買ったお店や島ぞうりのアレンジなども紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ギョサンとは?

通称ギョサン(魚サン?)はPEARLというネームがサンダルに書いてあるのでこれが正式名称かもしれません。私の勝手なイメージなのですが、漁師さんが履いている漁業用サンダルだから魚サンと言われているのかと思っています。

奄美大島のギョサン魚サン

このギョサン、ボートの上や足場の悪い磯などでも滑りにくい靴底になっていてるので今ではダイバーの愛用者も多いようです。ギョサンの鼻緒は本体と一体成型になっていて、鼻緒が抜ける事がないのでかなり耐久性に優れています。離島に行くとダイバーのみならず島民で履いている人も多いサンダルです。

実際、私が初めてギョサンを買ったのが波照間島の売店だったのですが、それから夏場5年間履いた頃に鼻緒に亀裂が入ったので買い換えることにしました。数百円でこれだけ耐えてくれたので十分な気持ちでいっぱいです。

カラーバリエーションが割とあるのですが、現地の売店やスーパーなどでは全色取りそろえてないことが多く、お店に行ってみないと何色が残っているのか分からないんですよね。

ギョサンはネットでも購入可能で、ネットだと欲しい色を選んで購入できます。
ネットで見てみると、こんなにカラーバリエーションあるんだ!と驚きます。

 

↓メンズ用
奄美大島のギョサン魚サン

 

↓レディース用
奄美大島のギョサン魚サン

男性用は原色系の色が多いのですが、女性用は落ち着いた色が多いかな。
女性用は鼻緒部分が3本ラインのデザインになっています。

 

島ぞうり とは?

島ぞうりは、昔ながらのビーチサンダルそのもの。
靴底が厚めで鼻緒もしっかりしているので、私も一足を3~4年履いていてまだまだ持ちそうな感じです。

奄美大島の島ぞうり

色やデザインが一見「古くさ!」とか「ダサ!」とか思いがちな島ぞうりなのですが、これに一手間加えると・・・自分だけのオリジナルな一点物サンダルになるんです♪

カッターで靴底を削ると出来上がり!

島ぞうり自分で 島ぞうり自分で

ネットを検索してみるとデザインもの島ぞうりがわんさか出てきます。
なかなかの力作もあったりするので、どんなデザインで彫ろうかワクワク楽しめます。

私は姪っ子ちゃんにピンクの島ぞうりを買って、亀とハイビスカスの柄と名前を彫ってあげたらめちゃくちゃ喜んで履いてくれてます。

島ぞうり自分でデザイン柄を彫る

もちろん自分用にも彫って毎年履いているのですが、何年も履いているビーサンをブログに載せるのはしのびないので写真は割愛。(/。\) ハズカシイ

ネットや沖縄のお店などではデザインを既に彫った島ぞうりが売っているので自分で彫ることなく楽々ゲット出来ちゃいますよ。

 

宮古島で買ったお店

サンエーショッピングタウン宮古 衣料館2階

宮古島でギョサンと島ぞうりを購入したお店は、「サンエーショッピングタウン宮古」の衣料館です。
サンエーショッピングタウンは食料品館と衣料館とあり、両館とも同じ敷地内にあるのですが別の建物になっています。サンダルは衣料館の2階にありました。駐車場は無料です。

 

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

 

マックスバリュ宮古南店

このマックスバリュは24時間営業で駐車場も広いので便利です。

 

↓これは12月に行った時ですが、冬でも取り扱いはあるようでした。

 

ネットで検索する

コメント