スポンサーリンク

西宮市|阪神なぎさ回廊をサイクリング!海沿いを爽快に走ってきました

兵庫県のアウトドア・行楽スポット
自転車でビーチやヨットハーバーを快走!

 

コロナ禍で密を避けてアウトドアを楽しみたくなってしまい、海岸線をサイクリングしてきました。西宮市の海沿いが思いのほか整備されていたのでサイクリングが楽しく、めちゃくちゃリフレッシュできました。海沿いの遊歩道や道はほぼ平坦なので自転車で快適に走ることができます。私が走った道は「阪神なぎさ回廊」といわれるコースの一部で、ベンチやトイレも数カ所あるので休憩場所にも困りませんでした。

 

スポンサーリンク

場所

私がサイクリングしたのは下図の紫のコースです。(今回は酒蔵エリアは走りませんでした)

私は阪神電車の香櫨園駅(ころえん)をスタートして夙川沿いを走って海を目指し、新西宮ハーバーまでを往復しました。ついでに海釣りスポットで人気の西宮ケーソン(防波堤)や香櫨園浜に寄ってきました。

この原本地図はこちら(PDFの一番下のページでこの地図を見ることができます)

 

↓ちなみに私が今回サイクリングしたコースです。(黄色の手書き線)

この地図の拡大図(PDF)はこちら

 

 

レンタサイクル

私は折りたたみ自転車を持っているので自前の自転車で走ってきたのですが、レンタサイクルもあるようです。

●阪神電車の沿線で駅レンタサイクルが利用でき、電動アシスト自転車のシェアリングサービス。
詳しくはこちらをどうぞ。

 

●阪急電車の芦屋川駅にレンタサイクルがあるという噂
阪急芦屋川駅の駐輪場なのですが、レンタサイクルも利用できるという情報あり。
私が実際に利用していないので現在やっているのか未確認ですが。

場所はここ↓

 

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

 

ストリートビューも貼っておきます。(画像動かせます)

ストリートビュー画面に映っている右の小屋が阪急芦屋川の駐輪場です。
黄色い自転車がレンタサイクルのようです。(台数は少なそうな感じ?)

阪急芦屋川から御前浜・香櫨園浜へはちょっと距離がありますが、1日ビーチピクニックを楽しむ気持ちで行けばサイクリングも兼ねて楽しいかもしれません。芦屋川沿いも雰囲気いいし、素敵なお店も多いので自転車があるとどこでも気軽に立ち寄れますよね♪

 

夙川の河口の様子

夙川は桜並木が有名で、「さくら百選」にも選ばれているので桜のシーズンは人だらけになりますが、河口はガッチリと堤防が築いてあるので桜がないエリアになります。

 

↓夙川が海に注ぎ込む河口です夙川の河口

 

夙川は海に注ぎ込んでいるので潮の満ち引き時間によって川の水が増減します。上の写真は潮が満ちているときなので川の水がありますが、海の干潮時は川の水も干上がってしまうので下の写真のように川底があらわになってしまいます。

火垂るの墓やノルウェイの森に登場する西宮回生病院

涙なしには見られない名作「火垂るの墓」に出てくる西宮回生病院が夙川の河口にあります。上の写真の矢印の建物が回生病院です。

実はこの病院、火垂るの墓だけでなく村上春樹の「ノルウェイの森」や「めくらやなぎと眠る女」の作品にも登場するらしいです。

私が子供の頃の回生病院は「火垂るの墓」の映画に出てくるまんまの趣のある建物だったのですが、老朽化のために本館が改築されてしまい、残っていた古い建物も2021年春からさらに建て替えの工事に入ってしまいました。そのため現在は昔の建物を見ることができなくなっています。

 

↓この建物が現在工事中

西宮回生病院の変遷についてはこちらをどうぞ。昔の建物の写真も写っています。

で、私が今回行った浜はこの回生病院のすぐ裏にあります。
上の写真に椰子の木が写っていますが、病院の裏が香櫨園浜というビーチになっています。ここはめちゃくちゃ素敵な雰囲気でした!

香櫨園浜については別記事で書いていますので、よければご覧下さい。

 

御前浜

夙川の河口の東側に広がるビーチです。
とっても広い砂浜が広がり、大きな松の木も所々にあるので木陰もあります。

砂浜にフラットな遊歩道が整備されていたので歩きやすくなっていました。

 

↓六甲山の山並みや芦屋のマンション群も見渡せます西宮浜・御前浜

西宮浜・御前浜

この御前浜の隅っこに旧西宮砲台跡という建物があります。中には入れないのですが、幕末の頃、黒船来襲に備えて勝海舟の指導のもとに築造されたものらしいです。完成後に明治維新を迎えたので使われることのないまま残されています。

 

 

カフェ・レストラン

御前浜の端にお洒落なカフェレストランが何件かありました。食事ができて、カフェからは海が見えるようでした。

 

 

御前浜橋

この橋は開閉式の跳ね橋になっています。
週末(土・日・祝)の決まった時間になると橋が一時的に上がるので通行できなくなります。

開閉時間に当たってしまうと20分ほど足止めされてしまうようです。

御前浜橋

橋の奥にヨットハーバーがあるので船の往来のために開閉するらしいのですが、もう何年も船が通った記録がないのに人を雇って橋を開閉するなんて税金の無駄遣いだ!と新聞に取り上げられりもしている橋なのです(笑)ウェイクボードをする人のボートはこの橋の下を問題なく通り抜けられるのでわざわざ橋を上げてもらわなくても困らないみたいです。

御前浜や香櫨園浜の海では色んなマリンスポーツが盛んで、私が行ったときはSUPやウェイクボードを楽しんでいるグループがいました。うらやまし~!

西宮浜・御前浜・香櫨園浜サップSUP

あと、釣りをしている人もいっぱいいます。

 

御前浜橋~新西宮ヨットハーバー

跳ね橋を渡ったらすぐに右に曲がって、ひたすら海沿いをサイクリングして南端の新西宮ヨットハーバーを目指しました。

Googleマップで調べたら、御前浜端~新西宮ヨットハーバーの自転車走行時間は8分ほどみたいです。歩くとしんどいけど自転車だったら「あっちゅうま」な時間なんですよね。

この区間には先が見えないほどの直線コースがあって、西宮にこんな場所があったんだと新発見もあったりで開放感ある場所でした。

この道の突き当たりにヨットハーバーがあります。

 

新西宮ヨットハーバー

着いてビックリ⚠︎物凄いヨットの数!関西にもこんなにセレブな人たちがいるのか~と驚ちゃいました。

写真に写っているのは漁船ではなく全部高そうなヨットばかり。

ヨットハーバーはここだけじゃなくて芦屋にもあるし、ヨット持ちの人って相当いるんですね。サイクリングして喜んでる自分に涙が出そうになりましたわ。

新西宮ハーバーには関西ヨットクラブの建物があり、大きな駐車場があるので車で来ることも可能です。
車で来てヨットハーバーの公園で遊んだりや海岸線をお散歩しに来ている人もいてるので、ヨットを持ってなくても利用できるので大丈夫!

 

駐車場について

 

 

西宮ケーソン(西宮内防波堤)

新西宮ヨットバーバーのすぐ横に海釣りの人気スポットがあるというので寄ってみました。

Googleマップでは防波堤が点線になっていますが、防波堤を歩いて先端の灯台まで行くことができます。

ちなみにヨットハーバーの真横が防波堤の釣り場になっているのですが、フェンスがあって通り抜けできないので一旦一般道に出てから西宮ケーソンに行きました。

 

防波堤の入口には自転車がいっぱい。私もここに自転車を置いて、防波堤の先端にある灯台まで歩いていってみることにしました。

この防波堤は全長1.3kmほどあり、歩くと片道15分かかりました。

防波堤の中にも自転車を乗り入れることができます。
けど、防波堤内は何が落ちてるか分からないのでパンクには要注意な感じでした。

 

週末に行くと、物凄い人!写真の場所は防波堤の入口ですが、防波堤は奥の奥まで1.3kmまだまだあるしギョギョギョー!な人気ぶりでした。

これだけ釣り人がいるせいか、魚の臭いが凄いかったです。たぶん撒きエサの臭いだと思うのですが、ムワッとするほどの悪臭。この臭いは防波堤の奥に行くにつれて薄らいだけど、釣りをしない私には耐え難い臭いでした。

出し抜けに人の多さや魚の臭いに圧倒されましたが、なんと目の前の海でジェットスキー(水上バイク)の練習場があって、数台のジェットスキーがバシュンバシュン走り回ってて、これまた驚きの光景。

釣り人も承知の上で来ているんでしょうが、ジェットスキーヤーが目の前すぎて私の目は点に(笑)

でもって、防波堤の反対側の海にはヨットがいっぱい。

さすが都市部の釣り場ですね、沖縄や日本海の海とは違う光景が次々と目に飛び込んで来るので私にはカオスでした。

そんなカオスな光景から目を離し、防波堤からの眺めは良かったです~。

防波堤を興味深く歩いて行きますが、せっせと歩いて片道15分、海を眺めたり写真を撮ったりして歩いたので20分くらいかかったかもしれません。

↓写真の右端に写ってるのが灯台

あともうちょっと!

到着です。

海の透明度はないけど、ここからの眺めは海が広くて心もリフレッシュ。

灯台付近で釣りをしている人は自転車や原付を持ち込んでいました。けどトイレがないし、女性はここでの釣りは厳しいかもしれません。みなさんどうされているんでしょうかね。

 

以上、モコモコ羊のリフレッシュ*サイクリングな1日でした!

 

シュノーケリング・海水浴の記事一覧はこちら

 

コメント