スポンサーリンク

宮古島|飛行機を大迫力で見よう!下地島の【35END】

宮古島の離島のひとつに下地島があります。下地島には下地島空港があり、LCCの飛行機が離発着しているのですが、一般の航空機とは別にパイロットの訓練飛行が行われている空港でもあります。この訓練飛行が行われる日時に行くと飛行機の離発着が数分おきにバンバン見られる上に、離発着体勢の機体を真下や真横から大迫力で見られます。それが見られる鑑賞場所が17ENDと35END呼ばれる場所になります。

下地島空港の離発着が間近で見られる
鑑賞スポット35END(ただの砂浜)

17ENDは言わずと知れた観光スポットになっているのですが、17ENDの真反対に位置する35ENDという場所も飛行機の離発着を見るにはもってこいの所といえます。そして35ENDは17ENDと同じくビーチもあります。(海の色は17ENDが圧勝です!)

17ENDについては、別記事で書いているのでそちらをご覧下さい。
宮古島の超絶景スポット【17END】ビーチも2つあるよ!

 

スポンサーリンク

35ENDの場所

35ENDは、伊良部島の横にある下地島にあります。
そして下地島にある下地島空港の南端が35ENDと呼ばれる場所になります。

 

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

 

Googleマップには35ENDという地名は載っていないので、「ただの砂浜」という地点に赤いピンを指しました。

観光地ではないので展望台があるわけではなく、道路脇や海辺から空を見上げて飛行機を鑑賞します。

 

駐車場

名の通った観光名所ではないので駐車場はありません。
路駐になりますのでマナー良く譲り合いの精神を持って通行の邪魔にならないように気をつけましょ。

 

↓ストリートビューですが、画面右が空港の滑走路になります。左が海岸。

スマホの方は画面をスクロールする時にストリートビューに触れてしまうと画像がグルンと動いてしまうかもしれないので注意してください。(ストリートビューの画像が動いても差し支えないので大丈夫です)

上のストリートビューを動かすと周辺の様子が分かるかと思います。

 

35ENDから見る飛行機

残念ながら35END地点の道路からは滑走路は見えません。
上のストリートビューを動かすと分かるのですが、画面右に滑走路があるのですが、道路から見えるのは草むら。

でもね!着陸時の飛行機を真下から眺めることことができます♪
大迫力ですよ!

 

運が良ければ飛行訓練中のフライトを見ることができ、タッチアンドゴーが何度も繰り返される模様が楽しめます。タッチアンドゴーは、着陸するのかな~と思ったら滑走路ギリギリまで下りてきてギュイーンとまた上昇していく訓練なのですが、35ENDからは滑走路が見えないので着陸体勢しか見えませんが、訓練中だと飛行機がまもなく旋回してくるので数分おきに飛行機の大接近を楽しめます。

飛行訓練の実施日時や使用機種まで分かるサイトがあるので35ENDに行く際は要チェック!
下地島空港 訓練状況はこちら

 

ちなみにこの35ENDの反対側にある17ENDは下地島空港がすぐ横にあるので、飛行機の見え方がまた変わります。こんな感じで滑走路が見える↓

でもって17ENDは海の色が抜群に綺麗なので「映え」写真が撮れまくり。

宮古島下地空港17end

 

ただの砂浜

シュノーケラーの私としては35END地点にある「ただの砂浜」という浜も気になるところ。
あいにく冬で曇りの日だったから泳がなかったので海の中は分からないけど。

この浜からも飛行機が見えます。
下の写真では飛行機が小さく映っていますが、写真で撮るか動画で撮るか迷って飛行機が接近してきたときに動画に切り替えたので飛行機が小さく映っている写真しか残せませんでした。

 

で、動画で撮ったのがこちら↓

 

せっかくなので「ただの浜」の写真も載せておきます。

宮古島下地島ただの砂浜

 

↓ちょっと角度を変えて浜を撮ってみました

とてもこじんまりした浜です。夏に泳いでみたくなりました。

ここは「ただの砂浜」だけあって、トイレやシャワー、自動販売機などもありません。

この日は北風が風速10m越えの風ビュービューで、宮古の海はどこもかしこも白波もザッパンザッパンで荒れていたのですが、この「ただの砂浜」は南に面している浜なので北風の影響はなし。いやー、こんなにも波が違うとは、と驚く平穏さでした。

 

コメント