スポンサーリンク

宮古島の超絶景スポット【イグアナ岩】の景色は幻想的!

とてつもない超絶景の海が眺められる場所として伊良部島にある「三角点」が人気ですが、この三角点のすぐ近くに「イグアナ岩」という超絶景スポットがあります。私はここから眺める海の色が大大大好きで宮古島に行くと必ず寄ってしまう場所です。景色は超オススメなのですが、めちゃくちゃ危険な場所でもあります。なんと断崖絶壁の超崖っぷちから海を眺めるという命がけの場所なんです。ここは公の観光スポットではなく口コミで有名になった観光スポットなので、入口の看板もなければフェンスもありません。足を踏み外すと崖から海に真っ逆さまという本当に危ない場所なのですが、何がどうなってこんな色のグラデーションが生まれるのかとても不思議で神秘的で幻想的な海を眺めることができる場所なんです。そんなイグアナ岩とはどんな場所なのでしょうか?

 

宮古島のオススメ観光|感動の映えスポット
伊良部島の断崖絶壁【イグアナ岩】

 

スポンサーリンク

場所

伊良部島の断崖絶壁の上に「イグアナ岩」と呼ばれる場所があります。
車道の脇の雑木林に人が入れるほどの入口が切り開いてあり、そこから入るのですが案内も看板もありません。

 

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

バス停はないのでレンタカーやバイクで行くのがベストです。(駐車場はありません)
車の運転ができない方は観光タクシーで行くことも可能です。
伊良部島はアップダウンが多い島なので自転車はオススメできません。

 

入口

道路の両脇は藪のようになっているのですが、海側の一部分が草木が刈り取られている場所があります。
そこが入口。

宮古島伊良部島イグアナ岩の入口

 

↓道路からの入口はこんな感じ
宮古島伊良部島イグアナ岩の入口

入口は季節によって木の茂り方が違いますが、ハイシーズンだと入口付近にはレンタカーが止まってたり茂みに人が出入りしたりするので入口かな?と分かるかも。

 

下の画像はストリートビューです。画面の右が海に面していて、イグアナ岩の入口は木々が刈り取ってあり、小径ができています。ちょうど人が入ろうとしている所がイグアナ岩の入口です。

ブログ内のストリートビューは指やマウスで動かせます。

スマホの方は画面をスクロールする時にストリートビューに触れてしまうと画像がグルンと動いてしまうかもしれないので注意してください。(ストリートビューの画像が動いても差し支えないので大丈夫です)

 

 

この入口から藪の中に入って行くと絶景が見られる崖っぷちに出ます。三角点よりも藪の中を歩く距離があるので、この入口であってるのかな?と不安になったりもします。

 

藪を抜けたら草むらが広がり、草むらを抜けると断崖絶壁の崖っぷちに出ます。

 

展望スペースはこの程度の広さなので狭いです。
足もとも珊瑚岩なのでゴツゴツでめちゃくちゃ危ないです。ペラっペラのビーチサンダルでいくとかなり危ないので気をつけてください。ここでフラついたりコケたりすると崖下に転落する危険性もありますし、足もとの岩で手足を切ってしまうと思います。足場の岩がトゲトゲ・デコボコしてるのでほんと危なっかっしい場所なんです。崖から下を覗くとめちゃくちゃ高低差あるので怖さで体の芯がキューっとなってしまいます。落ちたら終わり・・・を感じます。

見どころ

海の色

イグアナ岩からの景色は宮古島のトップ3に入るほどの絶景!
個人的には三角点よりここからの見る海が好きなほど。海の色がイリュージョン的なんです。
サンゴ礁の海ってたいがいリーフエッジを境にして海の色が青く濃くなるのですが、ここはリーフ内でもモヤ~ンと色が幻想的に変化してるんですよね。不思議でたまらない。いつかシーカヤックで行ってみたいです。

宮古島伊良部島イグアナ岩

実物を見ると海に吸い込まれそうな感じになります。
写真は夏の朝、満潮時に行った時の様子です。

宮古島伊良部島イグアナ岩 宮古島伊良部島イグアナ岩

海に絵の具を落としたかのようにモヤ~ンと色が変化しています。宮古島伊良部島イグアナ岩

 

座礁船

三角点から遠くに見えた座礁船ですが、イグアナ岩からだと正面に見えて距離も近いのでより見つけやすくなります。この座礁船、数年前までは船の形をしていたのですが年々原型が崩れていき、2020年12月に行った時は船と分からないほどになっていました。波にもまれて今後も形を変えていくんでしょうね。

↓2016年の写真

 

↓2020年12月に行ったときは座礁船がバラけてました

今はもう船とは分からない鉄の残骸になってしまいました。

 

ウミガメ

海の透明度が驚くほど良いので、崖の上からウミガメが泳いでいるのも分かるほど。
時間があれば探してみてください。崖の上から見るとウミガメが一見ゴミか漂流物のように見えるのですが、何か浮かんでいるなと思ったら目を凝らして見てみてください。

 

池間島

遠くに池間島や池間大橋も見えます。
私の写真では分かりにくいですが、肉眼ではちゃんと見えます。

 

満潮・干潮・強風

潮が引いていたり、強風で波がある日などはリーフエッジ沿いに白波が立ちやすいので、行く時の気象条件によって様々な表情を楽しめます。

宮古島伊良部島イグアナ岩

 

↓上の写真と同じ場所で風もなく潮が満ちている時宮古島伊良部島イグアナ岩

気象条件や時間帯によって海の色や雰囲気が変わるのでここは何度行っても飽きません。

※雨や強風の日は危険度が増すのでオススメできません。台風シーズンでなくても宮古島では本州の台風並みの風が吹くことがよくあります。こんな崖っぷちで背後から突風に合うと男性でもよろけるので気をつけてください。

 

曇りの日

イグアナ岩は晴れた日に行くのが一番いいのですが、12月の思いっきり曇天かつ海が大シケの日でも海の色は綺麗でした。こんな日でも海の色がモヤモヤっとグラデーションしてたので最悪の条件下でもこんな色を見れるんだと感心しちゃったほど魅せられる場所です。

その時の写真↓(色加工なし)

 

イグアナ岩からの景色はなんとも圧倒される眺めですが、柵も手すりもない超危険な場所でもあります。安全は一切保証されない場所なので写真に夢中なって足もとがフラつかないようにしないといけません。このイグアナ岩からすぐのところにある似たような展望スポットで三角点という場所があるのですが、三角点が立ち入り禁止になるという話が出ているようです。本当なのかガセネタなのか分からないのですが、立ち入り禁止話しも出るような危険と隣り合わせの場所なので行く際は足もとに気をつけてください。

 

コメント