スポンサーリンク

宮古島|青の洞窟に自力で泳いで行くには下調べしてから泳ぐべし

伊良部島【青の洞窟】
シュノーケルで神秘の青い海を堪能

 

宮古島伊良部島青の洞窟

 

イタリアや沖縄本島で人気観光地の「青の洞窟」ですが、宮古島にもあります。宮古島には青の洞窟が何カ所かあるようなのですが、今回は自分で泳いで行けそうな所に行ってみました。私は無事に行ってこれましたが、自力で行けるかどうかは泳力や海況によるので安全に行ける保証はまったくないです。個人的な素人判断ではありますが青の洞窟に行く前のチェックポイントなども踏まえて体験記を書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

場所

私が泳いで行った青の洞窟は伊良部島にあります。
下図の場所はおおよそのポイントになりますが、ここを目指して泳いでいきました。

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

 

分かりやすい目標ポイントがもう一つあり、洞窟の上あたりに「さばおき園地」の東屋があるので、その東屋を目指して泳ぐといいかもしれません。「さばおき園地」の海岸線は断崖絶壁になっていて、青の洞窟はその絶壁の下にあります。

 

さばおき園地から海況をチェック

青の洞窟に泳いで行く前に、まずは「さばおき園地」から海の様子をチェック。
青の洞窟へは「サバウツガー」という場所から泳いで行くのですが、この「さばおき園地」から海を眺めることができるので、波の高さ、潮の様子、泳ぐ距離、泳ぐコースなどをここで確認しておきました。

潮の流れは上から眺めてもよく分からなかったので、海に入ってみて流れを感じたら引き返そうと仲間と決めておきました。

さばおき園地はとても見晴らしの良い場所にあり、今は立ち入り禁止になってしまった「三角地点」の海岸線もズドーンと眺めることができます。

伊良部島さばおき園地からの眺め

上の写真の海中にある大きな岩の辺りがサバウツガーなので、そこから海に入って泳ぎました。

 

エントリー場所「サバウツガー」

「サバウツガー」という場所から泳いで行くのですが、サバウツガーは崖の下にあるので崖沿いに作られた階段を降りていかないとけません。

※サバウツガーの階段が台風で崩れたようで、2020年末に私が行った時は立ち入り禁止の状態になっていました。修復工事が入ったのか現時点で確認していません。

 

駐車場

サバウツガーに行く道の突き当たりに車が数台止められるスペースがあります。ここに車を置き、シュノーケルセットを持って長い階段を下りていきます。(下の地図の場所)

 

駐車場からも海をチェック

サバウツガーの駐車場からも海を眺めることができたので、もう一度海を確認しておきました。

さばおき園地の東屋下にダイビング船が集結していました。青の洞窟ツアーなのか分からないけど、あの辺がポインっぽい?

伊良部島サバウツガー海の眺め景色

↓岸から離れると一気に深くなりそうな地形です

伊良部島サバウツガー海の眺め景色

珊瑚礁シュノーケラーにはたまらない光景ですが、珊瑚は期待しちゃいけません。岩礁地帯でした。

 

↓目指す「サバウツガー」ビーチエントリー場所はここ

伊良部島サバウツガー海の眺め景色

私が行った時の海はべた凪状態だったので泳いでみることにしました。

 

ビーチエントリー地点の様子

ここからは海に入った様子になります。

伊良部島サバウツガーの海シュノーケル

地上から眺めて珊瑚礁を期待したのですが、岩礁地帯でした。
透明度がよくて見通しがききましたが、ちょっと沖に出ると深くなります。

↓アップにしてみるとこんな感じ。珊瑚はないけど魚は多かったです。

海に入ってみて強い潮流は感じなかったので東屋の下を目指して泳いでいきました。ちょっと距離がある上に深さもそこそこあるので、往復しっかり泳げる人でないと無理かもしれません。ブログを書いててなんですが、必死に泳いで行かなくてもシュノーケルツアーがあるので船で連れて行ってもらうのが安全だし楽です。神秘的な青い洞窟といっても命をかけて自力で行くほどのものではないので無理は禁物。

 

青の洞窟

入口

潮の満ち干き加減によって入口の大きさは変わりますが、私が行った時はこんな感じでした。入口が海面にあるので干潮時に行って良かったです。満潮時だと入口が分かりにくかったかも。

宮古島伊良部島青の洞窟入口

自力で泳いでいくと「ここで合ってるのかな?」とかなり不安になります。
外から中を覗いても真っ暗で中がどうなってるか分からないので、めちゃくちゃ怖いです。どれほどの奥行きで何がいてるのかも見えないから自分が先陣切って中に入る勇気は私にはありませんでした。

洞窟内

洞窟の中にある程度まで入ってから入口を振り返ると・・・

宮古島伊良部島青の洞窟

ひゃー!青く輝く光りに感動!

この入口、見る角度によってかなり変化するので面白かったです。

↓真正面からみるとこんな感じなのですが
宮古島伊良部島青の洞窟

 

↓石垣島っぽく見えたりもします

 

海から顔を出してみると光りが2方向から差し込んでました。
↓泳いで入ってきたのは左の穴です。

宮古島伊良部島青の洞窟

 

奥行きはそれほどなく、奥に行くにつれて水深が浅くなります。引き潮時だと洞窟の奥で立てたので一息つけました。

↓最奥部。ゴツゴツしてるけど立てた♪

↓立つと上半身が出るくらいでした(写真がもろピンボケだけど)

 

青の洞窟って潜ると青く輝いて見えるけど、顔を水面に出してしまうと魔法が解けたように味気ない洞窟の景色になってしまいます。私が行ったときは貸し切り状態だったのでいっぱい潜って存分に神秘的な青い光りを堪能してきました。ちなみに、洞窟内には小魚がちょっとだけいました。

 

総評

青の洞窟には自力で泳いで行けるけど、泳ぐ距離が長いので泳力がないと厳しいと感じました。しかも海で何らかのトラブルがあっても助けが求められないと覚悟を決めて行かないといけないので、ガイドさん引率でツアーで行くのがベストと思われます。ツアーだと潮の満ち引きや日差しも考慮して案内してもらえるので青い洞窟を満喫できる度がアップする上に他のシュノーケル(ダイビング)ポイントも連れて行ってもらえます。泳いでいくなら、大潮の日を避けて波がない日の干潮時が狙い時かな。

青の洞窟ツアーを検索【じゃらん】
青の洞窟ツアーを検索【アソビュー】

 

コメント