スポンサーリンク

伊江島【西崎漁港ビーチ】シュノーケル探索で珊瑚礁と熱帯魚を満喫♪

伊江島の穴場ビーチでシュノーケルしてきました。漁港の真横に綺麗な砂浜のビーチがあり、アウトリーフまで泳いでサンゴ礁を満喫してきました!

【伊江島の穴場ビーチ】
西崎漁港ビーチ
シュノーケル(スキンダイビング)スポット
伊江島シュノーケル

伊江島は沖縄県の離島で、本部半島の本部港からフェリーで30分ほどで行ける島。
フェリーだから車でも渡れるので、レンタカーで島内観光や海水浴もできちゃいます。

伊江島は日帰りの観光客が多く、本部(もとぶ)から船で日帰りダイビングで来る人も多いらしいのですが、今回は伊江島に泊まってたっぷり観光しつつシュノーケルで海も楽しんできました。

前回のブログでは観光客がほとんど来ないというグリーンビーチのサンゴ礁シュノーケルを書きましたが、今回も穴場の西崎漁港ビーチでシュノーケル探索してきたブログを書いていきます。

サンゴ礁の地形や呼び名についてはこちらをご参考に

 

スポンサーリンク

場所

西崎漁港ビーチは西崎漁港の真横にある浜で、ここからビーチエントリーしてシュノーケルしました。

日帰り観光客は来なさそうなビーチで、私が下見に行ったときは堤防で釣りをしている人が数人いましたが、泳いでる人はいませんでした。

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

伊江村ホームページに伊江島の観光マップが掲載されてます。

 

駐車場

人影も車も私以外に誰もいなかったので車は隅っこに止めさせてもらいました。
漁港なので地元の方が居てるようであれば一言声を掛けて止めるといいかも。
(船の出し入れや荷揚げの邪魔になるような所に車を止めちゃうといけないので)

↓漁港入口のストリートビュー

 

ブログ内のストリートビューは指やマウスで動かせます。

スマホで画面をスクロールする時にストリートビューに触れて画像がグルンと動いても支障はないので大丈夫です。

 

ビーチの入口

下の写真で船が置いてある所が港です。
黄色の矢印のように歩いていったらビーチが見えてきます。

↓港には船を海に出し入れするスロープがある

ビーチは右手にあります

 

西崎漁港ビーチ

誰もいなくて、砂が白くてサラサラで綺麗なビーチでした。

トイレ・シャワー

シャワーはありません。
トイレも無いと思われます。

 

海水浴・シュノーケルでの注意

●西崎漁港ビーチは遊泳ネットや監視員はいません。(とにかく人がいない)

●堤防で釣りをしている人がいたら、堤防から十分離れて泳ぐこと。

●風向きや天気によって海が荒れます。
ビーチは穏やかでも沖で白波が立ってる場合は「うねり」や「潮流」が出ている時があるので、海況を見極めて泳いで下さい。

私が泳いだ日は、伊江島の北岸は波が荒れてて泳げない状態でしたが、西崎漁港ビーチは凪ぎ状態でした。

●インリーフ(リーフ内)でも部分的に潮の流れがありました。
シュノーケル慣れしている人でもフィン無しで泳ぐと危ういかもです。
潮の流れは右から左に流れてました。

私が泳いだ時は潮の流れはリーフ内であり、アウトリーフに出ると潮の流れは特に感じずでした。
天候や干潮満潮で潮の流れが変化すると思うので要注意です。

●漁港の真横のビーチなので船の出入りに注意する。
堤防に沿って泳いでいくと船の航路に入ってしまうので大迷惑になります。
特にアウトリーフまで泳ぐ人は、左手の漁港エリアには近づかないようにしましょう。

コメント