スポンサーリンク

スペイン マドリードのアトーチャ駅でレンタカーを借りる。Budgetの場所はどこ?

スペインの首都マドリードのアトーチャ駅でレンタカーを借りることにしました。
アトーチャ駅はとにかく広くて、レンタカーの窓口を探すのに一苦労すると思うので場所などを書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

レンタカーの予約

レンタカーの予約は日本でネットで申し込みをしておきました。
今回利用したサイトは「Rental Car Gruoup」で、色んなレンタカーサイトを見比べて一番安かったから。
価格は時期で変動するかもしれないので、レンタカーサイトを比較検討してください。

ちなみに、レンタカー屋は Budget でした。

 

アトーチャ駅のバジェット・カウンターの場所

今回はマドリッド市内のホテルからタクシーでアトーチャ駅に向かいました。
なんですが、アトーチャ駅は地下鉄とレンフェが乗り入れてるので、かなり大きな駅!

アトーチャ駅のレンタカー窓口がどこにあるかの情報がなくてかなり不安でしたが、
前もってグーグルマップの航空写真で大きな駐車場がありそうな場所に目星をつけてたら、
それが大当たり!

タクシーの運転手に「アトーチャのレンフェ駅fに行って欲しい」と伝えると、
レンタカー窓口に近いところで降車できました♪

↓下のマップで赤ピンがあるところで下車。
「拡大地図を表示」をクリックすると地図を拡大できます。

なんせスペイン語が出来ない私ですし、スペイン語しか分からない運転手かもしれないので、
メモを手に握りしめてタクシーに乗り、メモを見ながら行き先を言いました。

一応ご参考までに私のメモは、
「アトーチャのレンフェ駅までお願いします。
Por favor Estación de Atocha Renfe.」
(ポル ファボール エスタシオン デ アトーチャ レンフェ)

「アトーチャ駅へ」とだけ伝えるとどこで下ろされるか分からないし、
逆に「アトーチャ駅のどこで降りる?」と聞かれても「いやー、私も分からんのです」とも言えないので、
「アトーチャ レンフェ」だけは言うようにした方がよいと思います。

さて、タクシーを降りたら、建物内に入ってエスカレーターでひとつ下の階(だったと思う)に降ります。
どの建物かというと、下のストリートビューでタクシーがいっぱい止まっている白い屋根の建物です。
白く突き出たじゃばら屋根の建物に入って、エスカレーターで降りてください。

↓ストリートビューなので、指で360度動かして見ることができます。

 

エスカレーターで降りて、後ろを振り向いたらBudgetの青い看板があったと思います。

私たちが行ったのは5月半ばの夕方だったせいか、お客は私たちだけで閑散としてました。
でも、店舗の口コミを見てみると「長蛇の列でめちゃくちゃ待たされた。」と結構書かれていたので、欧米や日本の夏休みシーズンは混むのかもしれません。

 

レンタカーを借りるときに必要な物

窓口でまず焦ったのが、日本の運転免許証もいります!

スペインでレンタカーを借りる際は、パスポート、日本の運転免許証、国際免許証、ネット予約時に入力したクレジットカードを提示しないといけません。

うっかりしていた私たちは、日本の免許証がいることを気にもかけてなかったので、荷物をひっくり返してワタワタ探して、「あった!」と提示。
今回の旅一番の肝冷やでした。

 

窓口でのやりとり

窓口では予約の確認を英語でかわします。
返却日時や場所、保険を追加するかどうかなど。日本でレンタカーを借りるときと似たような説明かと。
保険は当日追加もできて、その場で追加料金を払えば大丈夫です。

ちなみに、私たちの予約時にはフィアット500(または同等クラス)となっていたのですが、
実際の貸出車はトヨタのAYGOでした。
残念だけど嬉しいような複雑な気分。(AYGOについてはこちら

貸出時に確認しといた方がいいのが、
・返却するときはどこに車を停めるのか?
・ガソリンは満タン返しなのか?
・ガソリンはどの種類を入れるのか?(ガソリン車かディーゼル車かなども)

ガソリンですが、Budgetの予約票には満タン返しで、ガソリンは「95」と書いてありました。

スペインのガソリンスタンドでは、日本のように何種類ものガソリンがあったので注意してください。
・plomo 95(レギュラーかな?)
・plomo 98(ハイオクかな?)
・Gasóleo A(ディーゼルかな?)
・Biodiésel(バイオディーゼルかな?)

とにかく、私たちの車はガソリン「95」と聞いていたので、どのスタンドでも「95」を入れて走ってました。

それと、私たちの返却はマラガ空港だったので、返却場所の地図や詳細が分かるか店員に聞いたのですが、
分からないとのこと。マラガ空港の返却場所については後で追記します。

さて、窓口の説明が終わってキーをもらえるかといえば・・・ここではもらえません!

 

キーと車の受け渡し

書類をあれこれ受け取ると、「次はバスに乗って車のあるところに行ってね」と言われます。

バスってどこ?

Budgetの店舗を出て左手に外に出るドアがあるので、外に出ます。
Budgetと書いてあるバンが止まっているので、乗り込みます。

どんなバスか分からなかったから外に出たとこでしばらく待ってたのですが、バスではなくバンでした。
バンが離れたとこに止まっていてBudgetのロゴが見えなかったので、無駄に待ちぼうけしてしまいました。

なので、バン的な車が止まっていたら近寄って、書類を見せて乗り込んでください。

バンに乗ったら車が置いてある所に連れて行ってくれます。(↓この駐車場に移動)

バンを降りたら、またコンテナBOX的な窓口があるので入って、さっき受け取った書類を渡します。

そしてようやくキーをもらえます。
で、書類全部を渡してしまうのではなく、自分用の控えは返してもらってください。
控えに緊急時の連絡先なんかが書いてあるし、車の返却時に必要になるので。

キーをもらったら、車が置いてある場所の番号を言われます。
車の場所まで店員は来てくれません。
自分で探して乗ってってね~状態。

駐車場には他のレンタカー屋の車も止まっているので、
Budgetの看板に自分の番号が書いてあるのを探します。

で、見つけたら荷物を積んでGO!なんですが、
店員はコンテナBOXから出て来ないので、日本のようにキズの点検はありません。返却時も点検されません。
あまりにも目立つキズは出庫する前に店員に言って確認させておいた方がいいと思います。
あと、ガソリンが満タン状態になっているかもエンジンかけたら確認しといた方がいいかも。

ついでに、この駐車場から一般道路にどこから出るのかも載せておきます↓

 

さーて、ドキドキのスペイン・ドライブ旅が始まりました!
マドリードからトレドに向かいます。

 

コメント