スポンサーリンク

三室戸寺のツツジは2万株!ツツジが織りなす圧巻の景色は感動もの

京都宇治の見どころ・観光スポット
関西|ツツジの名所「三室戸寺」

 

京都宇治の三室戸寺つつじ

 

宇治にある三室戸寺のツツジを観に行ってきました。このお寺はアジサイで有名なのですが、ツツジも2万株植えられているというので行ってみると、もの凄い景色で圧倒されてしまいました。ツツジでこれほど感動する庭園ってそうそうないのではないでしょうか。まるで絵画を見ているような、自分が絵画の中にいるかのような光景が目の前全面に広がっているので写真を撮ろうにも画面に納まりきれないほどのツツジでした。なんとも素晴らしい、絶景と言える庭園で息をのむ美しさでした。

 

スポンサーリンク

場所

平等院鳳凰堂などがある宇治の観光中心地からやや離れた場所にあります。

 

住所:京都府宇治市莵道滋賀谷21
電話番号:0774-21-2067

 

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

 

 

行き方

電車、バス、タクシーなどの公共機関でアクセスできます。
また、お寺には広い駐車場(300台)があるで車で行くことも可能です。

詳しくは三室戸寺のホームページをご確認下さい。

 

駐車場

拝観料とは別に1回500円の駐車場代金がかかります。

私が行った時の駐車場の様子ですが、ゴールデンウィーク前の平日に行ったので空いていました。
10時前に着いたのですが、駐車場待ちもなく止めることができました。ツツジを観てお寺を出たのが11時過ぎだったのですが、それでも駐車場は満車にはなっていませんでした。駐車場はとても広く、混み具合によって随時駐車エリアを解放していくようです。私が行ったときは空いていたので駐車場は2面しか開放していませんでした。

去年アジサイを観に行った時は物凄い混雑で、今回と同じく10時前に到着したのですが駐車場を全面開放していて既に8割ほど埋まっていて驚きました。ツツジの時期はアジサイほど混まないのかもしれませんが、それでもGW中は人出が増えると思われるので、公共機関を利用して行くのがいいかもしれません。

 

↓三室戸寺の駐車場

 

ツツジの見頃・開花状況

ツツジ庭園は期間限定の開園となっていて、見頃を迎える頃に一般公開されます。

2021年(令和3年)は桜の開花がとても早かったのですが、他の花の開花も早まっているようです。ツツジの見頃は例年GWからのようですが、今年は4月24日に開園となりました。

本日、5月1日時点では満開のようです!

ツツジの開花状況はお寺のホームページ「本日の庭園」で確認できます。

 

混み具合

2021年(令和3年)は4月24日に開園となったので、私は4月26日に行ってきました。GW前の平日だったので混雑することなく拝観できました。駐車場もガラガラ。境内の拝観者もまばらでした。

今はGWに入ってしまい、ちょうどツツジも満開を迎えているので人出が増えていると思われます。

 

ツツジ庭園の規模

アジサイで有名な三室戸寺ですが、なんとツツジはアジサイの倍の規模があり2万本!

京都宇治の三室戸寺つつじアジサイの本数

 

境内の地図はこちらをご覧下さい。

お寺の入口で拝観料800円を払い、ツツジ庭園目指して歩いていきます。
入口付近にはツツジはポツポツしかありません。

 

本堂に向かって歩いていくと、右手の視界にツツジの山が見えてくるのですが、あまりの花盛りにテンションが上がってしまいした!こんなに凄い規模とは思っていなかったので、早くも感動!

山の斜面にもツツジが植えてあるので目の前一面に盛り盛りとツツジが咲いています。

京都宇治の三室戸寺つつじ

ツツジ庭園には遊歩道が設けてあるので、くまなく歩いて観ることができます。

京都宇治の三室戸寺つつじ

 

花園の中に入ってしまうと花が眩しいほど!ツツジがこんなに魅せてくれるとは!

京都宇治の三室戸寺つつじ

ツツジの株がとても大きい上に、山の斜面にまで花が咲いているので自分がツツジに埋もれているかのような写真が撮れます。

 

↓この斜面の下にも遊歩道があり、遊歩道からの景観はまさにツツジの壁!

↓ツツジが人の何倍もの高さがあるので、ツツジの壁のようでした。

京都宇治の三室戸寺つつじ

 

この斜面の上も散策できます。
山にも一面にツツジが植えられているので、とことんツツジなのです!

斜面を上がっていくと、遠くに本堂が見えるのですが、ツツジの海原に本堂があるようでした。

京都宇治の三室戸寺つつじ

 

三室戸寺の庭園はとても広く、情緒たっぷりのお池もあるし、ツツジ庭園以外にもツツジが随所に咲いています。あまり見かけない種類のツツジもあったりして、ツツジもいろんな色があるもんだと知りました。

↓ピンクの縁取りが可愛いツツジ

 

↓八重のツツジ?

 

シャクナゲ

シャクナゲの見頃はツツジよりも少し早いようで、私が行った時はシャクナゲの花は終わっていて、ほんの一部しか咲いていませんでした。

境内の地図を見ながら散策したのですが、シャクナゲのエリアが立ち入り禁止になっていたので、やはり花が終わっていたのかもしれません。去年は入れたのになぁと常連さんが言っていました。

 

境内のお食事処・売店

境内に食事やスウィーツが食べられるお店が一件ありました。

オープンテラス席になっているのですが、席数は多くはないのでお昼時は賑わっていました。

心引かれるメニューでお値段もお手頃でした。

ちなみに、境内で持ち込み弁当などを食べれる場所はなく、おそらく散策のみになっていたと思います。

 

境内を出てすぐの所にも出店がいっぱい出てました。
宇治のお茶、茶だんご、ちりめん山椒、陶器など、京都の物産がいっぱいでした。

 

トイレ

境内のトイレは本堂の近くにあります。
ツツジ庭園からトイレの場所まで距離があるので、トイレが心配な方はまず本堂に向かい、トイレを済ませてからゆっくり散策するのをオススメします。

 

三室戸寺はツツジの名所といわれるだけあって、ツツジの見応えを存分に魅せてくれる庭園でした!なんと新たに梅林も増殖したようなので、ますます見どころが増えるみたいです。新春も楽しみになります。

 

三室戸寺は紫陽花寺とも称されるほどなのでアジサイの時期もオススメです
三室戸寺のアジサイは2万株50種!万華鏡の中にいるような景色に感動

 

 

コメント