スポンサーリンク

剪定したマイヤーレモンの小枝を挿し木してみたら3ヶ月で花が咲いた!

マイヤーレモン(メイヤーレモン)の挿し木

 

マイヤーレモンの挿し木から花が咲いた

 

私が育てているレモンは、マイヤーレモンという種類です。
ホームセンターで4年ほど前に買ったレモンで、マイヤーレモンは酸味や酸っぱい香りが穏やかで実付きが良い品種と書いてあったので育ててみることにしました。マイヤーレモンを食べてみて感じたのは、私的には酸っぱみが足りないから普通のレモンの方が好きかも。けど、買ってしまったのものはしょうがないのでベランダで育ててます。無農薬レモンが自宅で採れるのは重宝もんだしね。

マイヤーレモンの特徴や育て方についてはこちらを参考にどうぞ

私が育てているレモンの木がヒョロヒョロと細長くて枝振りが良くなかったので、春に枝を剪定して枝が横に張るように仕立て直してみました。

親株がか細いから剪定した枝も小枝で、小枝といえど捨てるのが忍びなかったので挿し木してみました。しかもプランターに残っていたなんでもない土に挿すという適当なやり方で。

5月に挿し木して、そのうち数本が枯れてしまい、8月現在は6本残っています。
たぶん今残っているものは根付いたと思われるので、なかなかの発根率!

やったー!

今年のお盆は1週間以上長雨が続いたので私もベランダに出ることがなく、水やりもせず放置。
8月末になってまた猛暑になったので水やりを始めたら、なんと花が咲いていました!

5月に挿し木して8月に花が咲くなんて、「どんだけー!」とIKKOさんになりそうでしたよ。

花が咲いてるのは1本だけだけど、すごい根性株です。

親株は蝶々の産卵場所に狙われて葉を食べられがちなんだけど、この挿し木たちは蝶々の標的にされず葉っぱは全部綺麗に残っていました。

親株は接ぎ木苗っぽいから我が家の挿し木が元気に育つかはまだ分からないのが不安要素。挿し木して花は咲いたけど枝が若すぎるからさすがに実は付かないかも。でも、この子は将来見込みがあるかもしれないから手をかけてあげたくなります。親株は冬でもベランダに出しっぱなしで越冬できてるけど、このベビー苗たちは寒くなったら部屋に入れようかな。(その程度かーい!www)

 

宅での趣味ブログ記事はこちら→おうち時間

生活雑記のブログ記事一覧はこちら

 

コメント