スポンサーリンク

続・船越海岸でシュノーケル!サンゴ有り、リーフエッジは魚の群れが凄い!

奄美大島の素潜りスポット
穴場ビーチ【船越海水浴場】

 

今年も船越海岸でシュノーケルしてきました!去年泳いだ時は波があったので満足いくほどに泳げなかったんですよね。今回は海が穏やかだったので存分にガッツリ泳げてリーフエッジも満喫できました。今年もすでに10月になってしまいましたが、船越海岸「2021年・夏」のブログを書いていこうと思います。

ちなみに、船越海岸は「ふのし海岸」と読みます。この船越海岸は穴場にも関わらずシャワーやトイレの設備もある海水浴場で、とっても遠浅なので浅瀬は波が穏やか。ファミリーでも楽しめるビーチですが、沖合のリーフエッジ付近は波や潮の流れがあったりするのでシュノーケル初心者でリーフエッジを泳ぐ際はご注意下さい

 

船越海岸の場所、駐車場、海水浴場の設備については過去ブログをご覧下さい。
船越海岸でシュノーケル!ビーチ・珊瑚・熱帯魚の様子

 

スポンサーリンク

シュノーケルのエントリー場所

船越海岸の砂浜はかなり広いんですが、暑い中シュノーケルアイテムを持って歩きたくなかったのでビーチの右端辺りからエントリーしました。(前回も同じ所から海に入りました)

 

↓駐車場からビーチに降りてきた所の写真です。こっから海に入りました。

 

リーフエッジで泳ぐ注意点

前回、リーフエッジまで泳いだ際に感じたことが2点ありました。

★波立っていない凪ぎの時に泳ぐこと
★満潮時に泳ぐこと

今回はこの2点を踏まえてシュノーケルで素潜りしてきました。

 

海が凪ぎの時に泳ぐこと

凪ぎの時でもここのリーフエッジは潮の流れを感じる場所があったので、波が立っている時に沖に出ると危ない感じがします。前回は波があるときに泳ぎ、リーフエッジで沖に引っ張られるようなそこはかとない不気味な怖さ感じたので短時間で海から上がりました。

今回はリーフエッジ付近に波が立っていなくて、とっても穏やかな海面でした。

 

満潮時に泳ぐのがベスト

船越海岸はリーフエッジまでが遠く、しかも遠浅な海なので満潮時に泳ぐのがベストだと思います。

干潮時だと泳げるほどの水深がなくなります。歩いて沖まで行こうとしても浅い水中に小さな珊瑚が点在していて、珊瑚を踏んでしまいそうで歩けませんでした。完全に潮が引いていれば珊瑚を避けながら歩けますが、膝下くらいの水深だと小さな新芽のような珊瑚を避けながら歩くのは難しいと感じました。

ここの浅瀬の珊瑚礁はようやくジワジワと育ってきているといった様子なので、満潮時に海に入って泳ぎながらリーフエッジを目指すのが良いと思われます。

 

コメント