スポンサーリンク

【国直海岸】シュノーケルやスキンダイビングで珊瑚礁を楽しむポイントはここ!

奄美大島でシュノーケル
サンゴ・熱帯魚・ウミガメも!
【国直】ビーチエントリーはどこから?

 

国直サンゴ、国直シュノーケル

 

国直海岸の珊瑚礁はとても元気でダイナミックなんでオススメのシュノーケルスポットなんだけど、遠浅な海なのがシュノーケラーにとって難点だったりします。遠浅だからサンゴがモリモリに育っている場所まで泳いで辿り着くのがちょっと大変だったりします。

シュノーケルに慣れていてフィン(足ヒレ)を使ってもサンゴポイントまで10分弱かかるかも。でも、あまり泳がなくてもサンゴが見られる場所もあります。

国直海岸は広い海岸なのでザクッと珊瑚礁ポイントをご紹介。

珊瑚礁を見たいけど広い海でシュノーケルするのは不安・・・という方は、地元のツアーに参加すればライフジャケットなども貸してくれるので安心して楽しむことができると思います。ツアーだとシュノーケルだけでなくカヤックやSUPも体験できるからオススメです。SUPはワンちゃんと一緒に楽しめたりもできるみたいですよ。ツアーの紹介も後ほどしたいと思います。

 

スポンサーリンク

ビーチエントリー場所

国直海岸はどこから海に入っても珊瑚礁や熱帯魚を見ることができます。それほど海が豊か!

でも、海に入る場所によって珊瑚礁がある場所が微妙に違います。国直は遠浅な海なのでかなり浅瀬が広くて、浅瀬でも珊瑚や熱帯魚が見られます。潮が引いている干潮時に泳ぐと珊瑚礁まで近くなるし珊瑚を間近で見ることができます。

それでは、国直のビーチを大きく3つに分けてエントリー場所を紹介したいと思います。
海に向かって右サイド・中央・左サイドと呼んで説明しますね。

 

ビーチの左端

下図の黄色い丸で囲んだ辺りから海に入ると比較的近場で珊瑚礁が見られます。

国直 ビーチエントリー場所

写真の黄色丸ポイントは国直海岸の左端です。
この辺りは浜から近い場所に珊瑚礁が広がっているんだけど、水が少々濁り気味。私が泳ぐタイミングが悪いのか常時濁り気味なのかは分からないけど、私が泳ぐときは大概視界が良くないんですよね。けど、珊瑚は立派にあります。

ビーチの一番端(奥)まで来て泳いでいる人は少ないから開放感がある反面、人がいないから海で何かあったときに気づいてもらいにくいというデメリットがあります。また、国直の無料駐車場や公共シャワーがある場所からも離れてるんで、ここまで歩いてくるのが暑いという億劫さもあります。

こういったデメリットがあるんですが、浜からほど近い距離で珊瑚礁や熱帯魚が見られるのはやっぱり嬉しいメリット。後で紹介する他の場所からのビーチエントリーだとフィン(足ひれ)で泳いでも珊瑚ポイントまで10分近く泳がないといけないから素足で泳ぐとなれば結構疲れます。

 

↓ビーチの左端の様子(カメラのレンズが濡れててピンぼけ気味)

↓ビーチの左端にある岩を目指す感じで泳ぐと珊瑚礁がグワッと広がってきます。

私が泳いだときは結構濁りがありました。写真でもよく分かるくらいの濁りよう。

視界はイマイチでも珊瑚はかなりあります。

大きなテーブル珊瑚もありました。

浅瀬は濁っていても浜から離れるにつれて透明度が出てきます。

 

↓干潮時なら潜水しなくても珊瑚がめちゃ近くで見られます。

都会の海とは比較にならないくらい透明度があるけど、個人的には濁りがあると感じてしまいます。

日差しがあったから綺麗に珊瑚が写ったけど視界不良で遠景までは写らず。

視界がイマイチな時って水面部分の上っ張りだけ濁ってたりする時があるから、ちょっと潜ってみると珊瑚がある水深は意外と澄んでいたりします。

ライフジャケットを着てると潜水できないけど、ライフジャケットを脱いでまで潜ることないです。プカプカ浮いてるだけでも十分楽しめるんで安全確保を最優先でシュノーケルを楽しんでください。

水深が浅くても珊瑚のクレバス(割れ目、谷間)も見られたりするんで白砂とのコントラストやコンビネーションも楽しめます。

 

水深が浅いから、さも潜ったかのような写真が簡単に撮れちゃっりもする。(でもないか?)

 

コメント