スポンサーリンク

タイの寝台列車【車内設備や盗難対策】を紹介★1等車編 バンコク⇔チェンマイ

バンコク⇔チェンマイを寝台列車で移動しました。タイで初めて寝台列車に乗る方は車内の設備や防犯など色々と気になることがあると思います。どうなんだろう?と思う疑問や不安な事をあれこれリポートしたいと思います。私目線ではありますが、寝台車旅を計画される方の参考になれば幸いです。

私が乗った寝台車は、新型の1等車旧型の2等車でした。
今回は新型の1等車の車内設備や防犯対策について書いていきます。

 

バンコク⇔チェンマイの寝台列車は途中いくつもの駅で停車するので、途中の駅から乗車もできますし、途中で下車することもできます。この路線の寝台列車は旅行客にとても人気があるので早めの予約が望ましいです。1等室はあっという間に予約済みになりやすく、2等室も埋まりがちです。予約はインターネットできますので、タイ国鉄のオンラインサービス『e-TSRT』にアクセスしてください。

 

始発もしくは終着駅となるバンコクの駅は、ファランポーン駅になります。ファランポーン駅の正式名称はクルンテープ駅なのですが、地元の人にはファランポーンという呼び名で親しまれています。ですが、バンコク駅と呼ばれたりもするので呼び名が3つもある駅になります。

 

 

スポンサーリンク

寝台列車の乗り方

タイの国鉄には改札がありません。
電車に直接乗り込んで、車内で乗車券のチェックを受けます。

 

乗車券

私はタイ国鉄のオンラインサービス『e-TSRT』で座席を事前予約し、自宅で乗車券をプリントアウトして行ったので乗車するときは手間いらずでした。

インターネットで予約すると、メールでeTiket(乗車券)が添付されて送られてきます。
これをプリントアウトして電車に乗りましょう。
印刷したeTiketが乗車券になるので駅の窓口に寄る必要はありません。
車内で車掌さんがチェックしに来るので、印刷したeTiketを見せればオッケーです。

タイ寝台列車、乗車券

 

 

電車に乗る

タイの国鉄には改札ゲートがないので、荷物を持って直接電車に乗り込みます。
乗車券にプラットホーム番号や何号車なのかが書いてあるので自分で確認しもって乗ります。
寝台列車はと~っても長く先頭車両が見えないほどなので、自分の車両まで頑張って歩きましょう。

チェンマイから1等車に乗った時は、一番先頭車両まで歩きました。

タイの寝台列車、タイの寝台列車の乗り方、

自分の乗車券に書かれている車両番号を探して乗ります

タイ寝台列車、乗車の仕方

 

始発駅から乗る場合、電車はかなり早めに待機しているようなのでプラットホームを確認してみましょう。
私がチェンマイから乗った時は、発車1時間前にもう電車が止まっていたので私も早々に乗り込んでしまいました。車内はクーラーがきいているので快適です。

 

コメント