スポンサーリンク

淡路島|水仙の丘で黄色に染まる春のお花見!

淡路島北部の穴場観光スポット
3月中旬からが見頃の水仙の丘

淡路島水仙の丘

 

淡路島には花を楽しめる場所がいくつもありますが、淡路島北部にある「水仙の丘」は個人の方が造られている庭園で、約10万本のラッパ水仙が植えられています。まだまだ穴場的観光地だけあって混雑なくお花見を楽しめました。規模はそれほど大きくはないのですが、山の斜面いっぱいに黄色いラッパ水仙が咲いているので見る場所によって花景色が変わります。植えられている水仙は白・黄色・八重など数種類あり、水仙だけでなくちょうど見頃を迎える花も植えられているので早春の楽園でした。咲いている水仙の摘み取りも有料できたり、苗も売っているので自宅でも水仙を楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

場所

淡路島の北部、西海岸寄りにあります。

住所:兵庫県淡路市多賀369−9
電話:090-1904-0575

 

ブログ内に掲載しているGoogleマップは拡大・縮小できるので、指やマウスで画面を動かすと拡大・縮小できます。見たい大きさに調整してください。

 

自家用車で神戸方面から行く際の注意

自家用車で垂水ICから明石大橋を渡って行く際は十分気をつけて下さい。垂水ICから淡路島までは覆面パトカーがかなり張ってます。

垂水ICを抜けてすぐの所に料金所があるのですが、この料金所の脇に高速道路交通警察隊の詰め所があるので料金所には警官がいっぱい立ってるし、この詰め所から覆面パトカーもせっせと出動しているので料金所から先のトンネルや大橋でのスピードには要注意です。私はたまにしか淡路島に行きませんが、必ず覆面に止められている車があります。

バスでのアクセス

津名一宮ICより淡路交通バス岩屋・西浦行きに乗車し(6分)、伊弉諾(イザナギ)神宮前下車。

または、三ノ宮・高速舞子より直通高速バス(西浦線高田屋嘉兵衛公園行き)伊弉諾神宮前下車。

伊弉諾神宮前から徒歩10分ほど。

 

駐車場

無料の駐車場がありますが、それほど大きな駐車場ではなく12台ほど停められます。
園内の散策は30分前後なので、満車状態でもさほど待つことなく空きが出そうな気がしました。

私は平日の2時頃に行きましたが混み合うことなく駐車でき、訪れる人もまばらで快適にお花見できました。

 

入場料・開園時間

大人300円。中学生以下は無料です。
開園時間は、9時~16時。

水仙の摘み取りは10本200円と入口に書いてありました。

 

園内の様子

山の斜面を切り開いているので坂道があります。園内は遊歩道が設けてあるので歩きやすいですが、入口から入ってすぐの勾配はキツい傾斜になっていました。

園内の景色は上から庭園を見下ろすのと、下から見上げるのとで眺めがかなり違います。もちろん庭園の横からも眺めることができるので、遊歩道に沿ってグルりと一周歩いて楽しみましょう!私は欲張って2周歩いちゃいました。

 

まずは入口からの眺め。半円形に広がる園内を見下ろせます。

淡路島水仙の丘

 

遊歩道の中央分離帯?にも可愛いミニ水仙が植えられてあって、可憐な花をチラチラと咲かせていました。

 

下からの眺めは一面水仙が広がってゴージャスな景色でした。

淡路島水仙の丘

淡路島水仙の丘

 

ところで、ラッパ水仙をあまりマジマジと見たことがなかったのですが、花びらがなんとも奇妙な形状なのでじっくりと見てみました。ラッパと言われる根元部分がどうなってるか気になったのすが、ラッパの根元は花びらと繋がっていて、6枚の花びらもラッパ部分も根元で全部繋がっているということが分かりました。私的には「へぇ~不思議な花びらになってるんだね」と納得。

 

「水仙の丘」のメインは黄色いラッパ水仙ですが、白い水仙も所々に植えてあります。

昔からある白と黄色のコンビ色の水仙も植えてあり、大杯水仙(ブリーズ)という品種。

よく見ると半熟卵みたいな色合いなんだよね。

 

水仙にも八重があるようで、初めて見ました。

 

水仙の他にも満開に咲く樹木があって、とっても綺麗でした。

 

ピンク色の「ボケ」

私の近所ではボケの花は赤色しか見たことがなかったのですが、最近はピンクがかなり出回っているようで、盆栽サイズのボケの花もピンクをよく見かけます。

 

桜の様なピンクの木は花桃でしたが、満開はもう少し先の様子でした。花桃の花

 

黄梅(おうばい)という黄色の花も満開で、モジャモジャとダイナミックに咲き乱れていました。

 

個人的に長年名前が不明で私が好きだった花、スノーフレークも随所に咲いていました。すずらん水仙っていうんですね。これは入口に苗も売っていたので写真貼っておきます。

 

私は園内を写真撮りながらゆっくり歩いて2周したのですが、所要時間は40分ほどでした。
島外からここに来る際には、他の観光スポットも一緒に巡ってみるといいかもしれません。
行ってみたけど咲いていなかったということがないように、開花状況を確認してから行くのがいいと思います。

 

関西のおでかけ記事一覧はこちら

 

コメント